10代~20代女性に人気のセフレ募集サイト!女性に優しい作りだからセックス相手探しに困らない♪

はじめてセフレ作りをするときに知っておきたい事5つ

セックスする友達はセフレと呼ばれます。出会い系サイトなどを通じてセフレ募集をするのが一般的ですが、まずは押さえておきたいポイントがあります。交際が長期なのか短期なのかやどんなサイトを使ったら良いのかです。今回はセフレ作り初心者が知っておきたいこと5つをお話します。

その1.ピュア掲示版を利用すること

出会い系サイトには、ピュア掲示版があります。アダルトな交際ではなくて真面目な出会いを求める人達が集まってきています。しかし、入口が真面目というだけで、男女の交際ですから最終的にはセックスにゆきつきます。ピュア掲示版は、異性の友達・恋人・趣味友を見つけるために作られています。アダルトな話題は一切禁止となっています。

こういった特徴があるので女性は警戒心も薄くなっています。アダルト系の掲示板と違ってメッセージもいただけやすいですね。まずは食事を一緒にする異性を募集してみてはどうでしょうか。ターゲットにしたい相手は、仕事の時間が長くて帰宅が遅いような女性です。日常生活で異性との出会いが少ない女性がメッセージをくれやすくなります。

具体的な職業を上げると「保育士」「看護師」「美容師」「フリーター」「学生」でしょう。特に保育士や看護師は女性がメインの職場となっています。そして、長時間労働ですから、異性との出会いは極端に少ないです。出会い系サイトを利用する比率も高いですね。

美容師の場合は、保育士や看護師と比較した場合、男性がいますが同じ職場で恋愛感情は生まれません。仕事の話になるとジェラシーがでてしまうからです。また美容関係の男性はチャライタイプが多いですし、真面目な交際相手としては見られません。想像以上に出会いに飢えているのです。

学生は男性の年齢が高い場合は難しいですが、テンションの高い女の子の場合は食いついてきますよ。パパ活という言葉があるように、案外年の差は気にしない風潮にありますね。

その2.ルックスにこだわりすぎないこと

出会い系サイトを利用して女性と交際して、友達以上恋人未満でセックスができる関係を目指すにはルックスが必要と思っているかもしれません。しかし、イケメンじゃなくても大丈夫です。もともとイケメンならば別に出会い系を使わなくてもモテます。

女性たちもそんなことは百も承知です。イケメンは出会うまでは有利でしょうが、出会ったあと女性は人柄を重要視します。ルックスよりは誠実さや面白さのほうが有利なのです。出会い系サイトを使う人達は私生活の出会いが少なくて飢えているのです。希望する相手の条件は低めになって緩みがちです。

理想にこだわっている人は案外少ないですね。相手に対する要求も少ないです。イケメンを希望していても、実際にそんな人はいないことをすぐに気づきます。現実的な視点になっていますから容姿に自信がなくても大丈夫です。

それと、セフレを最終的に募集するわけですから、男性も相手のルックスとかスタイルにこだわりすぎるとターゲットが少なくなります。慣れるまでは、外見にこだわらないほうがいいでしょう。電気を消してしまうと相手の姿がはっきり見えませんからね。それよりもセックスの中身を楽しむことに集中したほうがいいでしょう。

あまりに美人すぎたり、可愛すぎたりすると感情移入してしまってセフレの関係よりも恋人関係になってしまいます。それでも結果オーライならばいいのでしょうが、あくまでもセックスを楽しむ関係で考えた場合、ドストライクの女性は避けたほうがいいでしょう。多少、自分にコンプレックスがある女性のほうがセックスも積極的ですね。

年齢にこだわらないならば、人妻系・熟女系の女性を狙うのもいいでしょう。特にセックスのテクニックや経験値が少ないならば
経験豊富な相手を選んでセックスの指南をしてもらうと一石二鳥でお得感があります。経済的な支出をしてくれることもありますので。

その3.3ヶ月以上になる長期のセフレを作る場合のメリット&デメリット

長期間持続するセフレは恋愛とセフレを割りきって考えるパートナー同士に向いています。惚れやすいような人は避けるほうが無難です。純粋にセックスで相手に悦んで貰うことが好きな人にも向いています。人によって性感帯が違いますので、開発しながらオルガスムスに導くことに関心があるならば最高の関係になるでしょう。

長いお付き合いになるセフレ関係のメリット

(1)セックスのことやデリケートなことも相談できる関係になれる
場合によっては、どうしてセフレになってくれたのかなんてデリケートな話も聞けます。これは貴重な情報になりますよね。またセックスの感想などもストレートに聞けるようになれば充実した性生活を楽しめます。

(2)突き詰めたプレイができる
思い切ったプレイが遠慮なくできますし、セフレの性感帯を新たに開発することも可能です。セフレ関係が長くなると、パートナーの変化を楽しめるようになります。

(3)安定したセフレ関係を構築できる
長期間の交際になれば安定したセックスライフになりますね。スケジュールがあえば気軽にセックスができる関係性はなかなか得がたいものがあります。

長いお付き合いになるセフレ関係のデメリット

(1)マンネリになってしまうリスクがある
向上心を持っていないセフレパートナー同士がグダグダの関係を継続するとマンネリ化を引きおこします。付き合っている関係でもないのに、どことなく面倒な空気感が生まれてしまいますので注意しましょう。

(2)恋愛感情が芽生えてしまってセフレの距離感をなくしてしまう
どうしても長期間の人間関係で密度の濃いセックスをすると男性でも女性でも恋愛感情が芽生えてくることもあります。これではセフレ関係が崩壊してしまいます。固定した相手にしばられたくないからセフレを作っているのですが、相手もずっと同じ気持ちだとは限りません。感情の不一致が生じてしまうリスクと隣同士の関係がセフレの特徴です。

その4.3ヶ月未満の短期のセフレを作る場合のメリット&デメリット

短期間のセフレ関係は、飽きっぽい人や惚れやすい人に適しています。惚れてしまうとセフレ関係は崩壊しますが、短期間ならば友達以上恋人未満でセックスができる関係を維持できます。短期間ならば割り切りやすいですし、飽き性の人は新鮮さを常に追い求めますから、短期間のセフレ関係は適しています。

短いお付き合いになるセフレ関係のメリット

行動的になる人が多いこと

短期間で次々とセックスフレンドを探す必要があるので、行動的・積極的になれます。毎回のように新しい刺激が生まれますから、充実して性生活が期待できるでしょう。

面倒なトラブルを回避できやすいこと

短期間のセフレならば、そのひとときを楽しむ関係になります。面倒な恋愛感情などは避けられる確率はとても高いです。単発の関係ならばなおさらでしょう。

短いお付き合いになるセフレ関係のデメリット

新鮮さを抜きにするとセックスの満足感は薄れてしまう

毎回新しい異性と新鮮な性行為を楽しめるのですが、それがメインになってしまう傾向にあります。本来セフレの楽しみ方はセックスを追求する関係でありますが、その面での関係性は構築できません。

セフレの相手を探すのが面倒

短期間ですから行動的にならざるを得ませんが、常に新しいセフレを探すことは簡単ではありません。うまくいかない時期はセックスができないこともありえます。

その5.相手の気持ちが良いところや好きなプレイを教えてもらうこと

人はそれぞれ、どんな愛撫をされると気持ちが良いのか違います。刺激の強さのレベルも違うのです。いろいろと試すこともいいでしょうが、どこをどうされるのが、より気持ちが良いのかとか、どういったプレイをしてみたいのかをストレートに聞くほうがいいでしょう。女性が自分から、そういったことを言うことはありませんから、男性が聞いてあげるべきです。

そのような気持ちを恥ずかしがらないで言える関係になれば「理想的なセックスフレンド」になれるのです。交際していないからこそ、さらけだせる性癖もあります。これも友達以上恋人未満のセフレの良い部分ですね。

あくまでも割りきった関係であるからこそ、お互いにセックスに集中し没頭できるのです。セフレは最高のプレイを楽しめる関係と言えるでしょう。より良い性行為にするためには、いろいろとコミュニケーションをとることが大事です。

話を引きだすには、恋人のようにラブラブムードを演出しましょう。注意しなければならないのはセックスしているときだけにすることです。四六時中していると恋人になってしまうからです。セックスは雰囲気が大事。深くオリガスムスを味わってもらうには雰囲気作りが不可欠となります。ホテル以外でもラブラブムードを引きずってしまうとセフレ関係は成立しません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?はじめてセフレ作りをするときに知っておきたい事5つをご紹介しました。まずは、このポイントを押さえながらセフレ募集をしましょう。間違った道を進んでもセフレをゲットすることはできませんからね。また、別ページでもセフレ作りに関係する情報を掲載していますので、あわせてお読みくださいませ。知識を頭にいれたらあとは行動あるのみです。失敗してもそれは経験値と考えましょう。最初からうまくいくはずがありませんからね。